山形県・軽自動車(届出済軽未使用車専門店)

山形県で軽自動車(届出済未使用車)をお探しなら、fino(ふぃの)まで!


在庫車大処分

HOME › 在庫車大処分

こんにちは ふぃのの天野です。

雪もひと段落し、春のような陽気になる日も出てきました!

現在ふぃのでは在庫車大処分のフェアを実施しています。

人気のN-BOX タントをはじめ ハスラー や若い子に人気の アルトラパンミラココア

なども大処分価格にて販売をしております。

また、CM放映中の新型ミライースも 2WD 4WDともに在庫しております!

よく、お客様から

「未使用車と新古車  新車なにがちがうの?」

とご質問を受けることがあります。今日はこちらについて簡単にですが、ご説明させていただきます。

まず。新車は お客様から受注(契約)をいただいてから車を作り、お客様の名前で車検証を作成する

というのが新車のざっくりとした流れです。

では次きまして新古車とは何か? こちらは昔の表現であり、こちらは現在の未使用車と同じ意味を表しています。「新古」という表現が消費者に新車が来るようなイメージを与えるため、今は使用しない表現になります。

 

では最後に未使用車についてご説明させていただきます。

消費者にかかわる新車と未使用車の大きな違いは 車検の期限(初年度登録)が違うことです。

新車は 購入者の名前で車検証を作りますので、車検の期限はご納車される月又はその前の月の月末ということが多いと思います。

 

未使用車は ディーラー様や車屋さんが最初に購入した車になるため、車検期限がバラバラです!

なぜ、未使用車が存在するのか?試乗車なんでしょ?ときかれることもあります。当社に展示している未使用車は走行100KM以下のものになります。それ以上走行しているものは未使用車とは表示していません。

20,000キロも走って未使用車と表示がある車がありますが、20,000キロも走ったら 「未使用」ではありませんよね?

100キロでも20,000キロ走っていてもどちらの「中古車」になりますが、どうせ買うなら走行距離が少ないほうが嬉しいですよね??

また、試乗車なんでしょ?ときかれることもありますが、当社の未使用車は「試乗車」ではありません。

私たちスタッフや車を運ぶ業者様などが乗って動かしたりすることはありますが、その車にお客様を乗車させ、公道を走った車ではありません!

未使用車がなぜ、存在するのか?これは各ディーラー様が目標販売台数を達成するとメーカーから報奨金がもらえます。

例えば100台目標で99台まで消費者に販売できましたが、残り1台が売れません。これが売れれば

メーカーから報奨金がもらえるが、売れなければ0 となった時に自分の会社で1台購入して、目標台数を達成し、報奨金をもらうことができます。

でも?その1台は売る相手がいません。。。。そのような車が未使用車として世の中に流れてくるのです。

こういった車を仕入れ、販売しているのが私たち未使用車専門店です。

 

なかなか、文字でお伝えするのは難しいですが、このような違いがあります。

 

もっと詳しく知りたい方はぜひ、お茶のみがてらふぃのまで遊びに来てください!

 

お待ちしております!!

 

 

 

在庫一覧
お問い合せ
TOPへ
在庫一覧
電話をかける